tmr的生活

travel/photo/foodie/cook

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Barcelona ~ランブラス通りでまさかの迷子!?~

完全アウェーなバスに乗込み、終点のカタルーニャ広場を目指します。

空港を出てすぐにハイウェイのような大きな通りを走り市街地へ。
運転手のおばちゃんも早く帰りたいのか、バスのスピードもぐんぐんアップ(^_^;)

旅行に行った時って、空港から目的地までの移動中に見える景色も新鮮でワクワクしますよね~。

通り沿いは工業地帯なのか、日本の自動車メーカーの看板もちらほら見え、
それを見ながら「こんな遠くまで進出してるんだなぁ」とか、
「スペインで働けるとかいいなぁ」なんて妄想をしていると10分ほどで市街地へ。

市街地へ入ると、ゴシック調の建物が並ぶ景色にガラッと変わり、
「ついにバルセロナへ来たなぁ」「遠かったなぁ」と二人で無事に到着したことにホッとします。

が、、、ここでプチトラブが(^_^;)

バスは空港を出発して30分程度でカタルーニャ広場へ到着。
いつもなら、事前にバス停の場所や大まかな目印となる建物などを調べてから旅行へ行くのですが、
今回はなぜか予習なしのぶっつけ本番(^_^;)

カタルーニャ広場らしきところへ降ろされたけど右も左も分からない状態。
広場とランブラス通りは繋がっているから標識を見れば分かるはず~、
なんてのんきに考えてたけど、暗いし標識も不親切なので周辺をウロウロすること10分。
「あっちが明るいからいってみよっか~」ってことでようやくランブラス通りを発見。
プチ迷子になりました。

まぁ迷子になったというよりも、ただの方向音痴ってだけの事なんですけど(^_^;)


とりあえずランブラス通りを発見したので、あとはホテルへ行くだけ!
あと少しで「ビールが飲める~」「生ハムが食べれる~」と妄想すると自然と歩く速度も速くなります。


が、、、ここでプチトラブルその2が(^_^;)

今回のホテルは、誰でもテレビで1度は見たことある有名なボケリア市場(サンジョセップ市場)のすぐ隣!
なのですぐに見つかるはず!!なんて呑気に考えていたのが大間違い。

バルセロナの街並みってよく見れば一軒一軒形は違うけど、パッと見は同じような建物ばかり。
しかも到着が深夜だったので、通りが薄暗く建物が同じように見えるし、
目印となる市場も閉まっていたので、ますますホテルが見つけにくい状況(^_^;)



これが夜のランブラス通り。
ランブラス通り
※iPhone5s
写真は深夜2時くらいのランブラス通り。
到着した時は0時くらいだったので、人も多くお店もOPENしていて賑やかでした。


最初は「すぐ見つかるよ~」なんて話しながらホテルを探していましたが、
10分、20分、30分、、、ホテルがあると思われる場所を行ったり来たり。
近くのレストランや別のホテルの人に聞いても、ざっくりした説明だったり違うホテルの場所を案内されたり。。
1時間ほどウロウロしたあたりで「もう無理!」「見つけきらん!!」二人ともイライラモードへ。
本気でランブラス通りで夜を明かすか、他の安宿に泊まることが頭をよぎりました(^_^;)

あきらめムードが漂う中、市場の隣の建物のガラス扉をふと見てみると、
ホテルの名前が書いてありました(^_^;)。まさに灯台下暗しとはこのことですね。
いかなる時も慌てたらダメですね。周りが見えなくなります。。。
これで1時間半ほどロスです。


これがホテル全体。
ホテル全体
※RICHO CX6
入り口は真ん中あたりのガラス扉。長方形の枠が沢山あるから分かりにくいんですよ。


ホテル入り口。
ホテル玄関
※RICHO CX6
これが入り口ですよ!?ガラス扉にうっすーい色の文字でホテル名書いてるし。
夜だったら気付くわけねーやん!って文句を言いたくなる(笑)

まぁ下調べをしなかった私が悪いんですけどね(^_^;)
皆さん、知らない場所へ行く時は、Googleストリートビューで事前確認しましょう(笑)



1時過ぎに無事ホテルへチェックインし、取る物も取りあえずビールを求めて外へ飛び出しました(^_^;)
到着初日からコンビニビールとか嫌ですからね。
とりあえず時間も時間だったので、近場で空いているお店へ入ることに。



雰囲気の良い「Puratapa」へ。
PURATAPA1.jpg
※RICHO CX6
PURATAPA3.jpg
※RICHO CX6
店構えも洒落た感じ。
店内はカウンター席と、ベンチシートと椅子で囲んだテーブル、奥にはボックス席もありました。
接客も良くて気持ちよく食事が出来るお店ですよ。



ようやく命の水、生ビール(バルセロナの地ビールだったかな)で乾杯!
PURATAPA2.jpg
※RICHO CX6
プチ迷子事件で喉もカラカラ。水のように身体に入ってきますね。



ビールのつまみ。
PURATAPA4.jpg
※RICHO CX6
PURATAPA5.jpg
※RICHO CX6
1品目は絶対に食べると決めていたイベリコ豚の生ハム。
ちょー美味い!!これ食べるとスーパーで売ってる生ハムなんて食べれません(^_^;)

あとは生ハムに合わせて食べると美味しいよ、と店員さんに勧められたパン。
メニュー表には「GLASS BLEAD WITH TOMATO」って書いてありました。

帰国して調べてみると、
カタルーニャ地方でよく食べられているpan con tomate(パンコントマテ)というパンのようです。
パンににんにくと完熟トマトをこすりつけ、オリーブオイルと塩をふりかけたもので、
酸味がきいたさっぱりとしたシンプルな味でした。
生ハムにとっても合うので、おススメですね!

ビール2杯、生ハム、パン、で合計24.3€(約3,400円)也。

とまぁこんな感じで無事スペイン入りを果たしました!


tomo

ポチッと応援クリックお願いします(^.^)/~~~
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2015/01/25(日) 12:03:01|
  2. ・Barcelona&Amsterdam 2014.10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誕生日 | ホーム | 七草お茶漬け>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xtmrx.blog33.fc2.com/tb.php/1354-1ffc0c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tmr

Author:tmr
travel/photo/foodie/cook

最新記事

カテゴリ

・HongKong 2002.12 (1)
・Bali 2003.12 (1)
・Phuket 2004.7 (4)
・Shanghai 2004.12 (1)
・Langkawi 2005.8 (3)
・Austria 2006.2 (4)
・Langkawi 2006.8 (2)
・Samui 2007.5 (4)
・Phuket 2007.12 (0)
・Taiwan 2008.3 (4)
・Bali 2008.7 (15)
・Bali 2009.2 (23)
・Bali 2009.8 (88)
・Phuket 2009.12 (30)
・Bali 2010.5 (47)
・Singapore 2010.5 (3)
・Phuket 2010.8 (36)
・Phuket 2011.2 (53)
・Bali 2011.8 (68)
・Bangkok 2011.12 (40)
・MEXICO 2012.1 (53)
・NEW YORK 2012.8 (53)
・Kuala Lumpur 2012.11 (19)
・Langkawi 2012.11 (6)
・Lipe@THAI 2012.11 (4)
・Bangkok 2013.8 (7)
・Bangkok&Phuket 2014.1 (2)
・Barcelona&Amsterdam 2014.10 (14)
・Bangkok&ChiangMai 2015.8 (25)
・San Francisco USA 2016.10 (3)
・Las Vegas USA 2016.10 (4)
・Sedona Arizona USA 2016.10 (3)
・Shanghai 2017.2 (4)
・Travel (67)
・Camera (36)
・Girl (68)
・Food (339)
・Dairly (146)
・Hang out (76)
・Living by himself (31)
・Hello (1)
・Phuket 2017.5 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。