tmr

tmr

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

tmr

tmr

前回の続き。

今回の目的地バルセロナへは日本からの直行便がありません。
なので最低でも1回はどこかの空港で乗り継ぎが必要。

福岡空港起点で色々リサーチした結果、
最終的にKLMオランダ航空 vs エールフランスの2社に絞り込み。
価格面でエールフランスに大きなアドバンテージがあったけど、とにかくエールフランスは口コミが悪い悪い(^_^;)
あと、福岡から一度関東方面に行かないといけないのがどうしても時間ロスのような気がして、
少々高いけど九州からヨーロッパ直行で行けるKLMに軍配が上がりました。


とりあえずFUK⇔AMS間の航空券をゲットし、次はAMS⇔BCN間の便。
なるべく航空券代を安く上げようと考えていたので”AMS⇔BCN間はLCCだな!”と思っていたけど、
色んな追加料金が発生したり、アムステルダムで一度荷物を受ける手間を考えると、
同じ航空会社で行った方が楽ちんだね!ってことでAMS⇔BCN間もKLM便を購入。
バックパッカーになりきれない二人・・・(^_^;)

AMS⇔BCN間はトランサヴィア航空やブエリング航空といったLCCが沢山飛んでいて、
かなり便利だと思いますよ。
ただ、価格を見る限り、KLMと比べてビックリするほど安くはないかな。



青が鮮やかなKLMオランダ航空。(Boeing 777-200ER)
KLM1.jpg
※RICHO CX6

福岡を10:25に出発しアムステルダムに15:10到着予定。※時差-8時間
飛行時間は約12時間で2年前のNY以来、久々の長時間フライト。

当日の朝は空港で和食を食べよう!ということで空港に向かったけど、
チェックイン、両替、保安検査、出国検査、免税で化粧品購入(←これmami恒例行事)、、、
なんだかんだで朝食を食べる時間が無くなってしまい、飲まず食わずで機内に乗り込むことに(^_^;)



機内の様子。
KLM機内の様子
※RICHO CX6

長期連休と違い空席が目立つ。搭乗率は50%くらいかな。
いつものように遠慮なく席を倒せる一番後ろの席を事前の座席指定でゲット。
人が少なかったので3席を二人でゆったり利用できました(^_^)



何となく狭い感じのシートピッチ。
KLMシートピッチ
※RICHO CX6

シンガポール航空やタイ航空に比べて狭い気がするシートピッチ。
まぁエコノミー席なんで文句は言えませんがね(^_^;)
1万円ほど追加料金を支払えばコンフォートエコノミーとかいう席を指定出来ますが、
チラッと見た感じではそんなにエコノミーと変わらないような気が。
座ると違うのかもしれませんが。



機内エンターテイメントは最新揃い。
KLM座席モニター
※RICHO CX6
KLMリモコン
※RICHO CX6

かなり最新の映画が揃ってたようで満足の行くラインナップだそうです。by mami
逆にゲームの方は、海外版ゲームが多く日本で流行したようなゲームは少なかったかな。



12時間後のアムステルダムに思いを馳せながらハイネケンで乾杯!
ハイネケンで乾杯
※RICHO CX6

離陸後、15分程度でドリンクとスナック菓子のサーブが始まり迷わずハイネケンをチョイス。
朝食抜きで搭乗したので一気飲み&一気食いでした(^_^;)

この後、iPadでも見ながらお楽しみの機内食を待とうとしたけど、
1時間ほど縦に横に激しい揺れが続きCAさん達も着席状態、、、
ユーラシア大陸上空に差し掛かったあたりでようやく揺れも収まり安定飛行へ。
ホント死ぬかと思いました(^_^;)



待望の機内食はどれも100点!
機内食1回目(ビーフ)
※RICHO CX6
機内食1回目(和食)
※RICHO CX6
機内食2回目(ペンネ)
※RICHO CX6

写真上からビーフ(私)、中がフィッシュ(mami)、下が2回目の機内食でペンネ(私&mami)、
どれも脂っこくなく、でも味はしっかりしていてとても機内食とは思えない味。
副菜のサラダ、チーズケーキも上品なお味でした!
普段はほとんど機内食を食べないmamiも珍しく完食するほどでした。

あまりにも美味しかったので帰国後wikiで調べると、
日本路線の機内食は、ホテルオークラ・アムステルダムの和食を、
搭乗クラスに関係なく提供しているそうですよ。
素晴らしいサービス精神です。



デザートやドリンクサービスも定期的に。
機内食(デザート)
※RICHO CX6

CAさんは笑顔でよく働く人たちばかり。ちょっと体格のいいお母さん的なCAさんもいましたが(^_^;)
ちょくちょく飲み物を運んできてくれたりしてホント気持ちのいいサービスでした。



目で楽しめる部分も。
トレイの絵(皿)
※RICHO CX6
トレイの絵(籠)
※RICHO CX6
ミッフィー
※RICHO CX6

機内食のトレー上に敷かれている紙は、
さすがオランダのナショナルフラッグキャリアだけあって、
オランダ陶器のSPODE?やチューリップ、ミッフィーのデザインで楽しませてくれます。
こういうのは女性が喜びそうなサービスですね。



ひたすらロシア上空を飛ぶ。
ロシア上空
※RICHO CX6

外の景色はずーっと人が住んでなさそうな山と雪だけの広大な大地が広がってます。
ロシアって広いなぁなんて思いながら、眠って、お笑い動画観て、映画観て、の繰り返しで、
12時間を何とか乗り切りました。


現地時間で15:10スキポール空港へ着陸です。
20分くらいぐるぐる回ってようやく到着ゲートへ。

いよいよ初のスキポール空港へと降り立ちます!


つづく


tomo

ポチッと応援クリックお願いします(^.^)/~~~
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。