tmr的生活

travel/photo/foodie/cook

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NewYork ~セント・パトリック教会の尖塔~

思った以上に興味深かったLEGO STOREを後にして、
更にNYの街をぶらぶら。



次の目的地はココ。
NY_セントパトリック教会0
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

ロックフェラーセンターのあるW50th Stを5th AVE方向に進むと・・・


目の前に現れたのはセント・パトリック大聖堂。
NY_セントパトリック教会1
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

おぉっ!と思ったら足場が組まれてる・・・
どうやら補修工事か何かをやっているようでちょっと残念な感じ。


ここセント・パトリック教会は全米最大の教会で建築着工は1858年。
1888年にこの目立つ尖塔が完成したそうです。
白い大理石を沢山使って造られた教会は、ジェームス・レンウィックという人がデザインし、
ドイツのケルン大聖堂を模しているらしいですよ。

象徴である尖塔の高さは100m。
近代的なビルの間に現れた教会は何とも不思議な感じです。


入り口には強面の警備員さんが居てちょっとビビったけど、
無料で入れるのでさっそく入ってみます!


つづく


tomo

ポッチッと応援クリックお願いします(^.^)/~~~
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/03/04(月) 23:28:58|
  2. ・NEW YORK 2012.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NewYork ~荘厳な雰囲気のセント・パトリック大聖堂~ | ホーム | 焼ネギと蒸し牡蠣のおろしポン酢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://xtmrx.blog33.fc2.com/tb.php/1222-5a779e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tmr

Author:tmr
travel/photo/foodie/cook

最新記事

カテゴリ

・HongKong 2002.12 (1)
・Bali 2003.12 (1)
・Phuket 2004.7 (4)
・Shanghai 2004.12 (1)
・Langkawi 2005.8 (3)
・Austria 2006.2 (4)
・Langkawi 2006.8 (2)
・Samui 2007.5 (4)
・Phuket 2007.12 (0)
・Taiwan 2008.3 (4)
・Bali 2008.7 (15)
・Bali 2009.2 (23)
・Bali 2009.8 (88)
・Phuket 2009.12 (30)
・Bali 2010.5 (47)
・Singapore 2010.5 (3)
・Phuket 2010.8 (36)
・Phuket 2011.2 (53)
・Bali 2011.8 (68)
・Bangkok 2011.12 (40)
・MEXICO 2012.1 (53)
・NEW YORK 2012.8 (53)
・Kuala Lumpur 2012.11 (19)
・Langkawi 2012.11 (6)
・Lipe@THAI 2012.11 (4)
・Bangkok 2013.8 (7)
・Bangkok&Phuket 2014.1 (2)
・Barcelona&Amsterdam 2014.10 (14)
・Bangkok&ChiangMai 2015.8 (25)
・San Francisco USA 2016.10 (3)
・Las Vegas USA 2016.10 (4)
・Sedona Arizona USA 2016.10 (4)
・Shanghai 2017.2 (4)
・Travel (67)
・Camera (36)
・Girl (68)
・Food (339)
・Dairly (147)
・Hang out (76)
・Living by himself (31)
・Hello (1)
・Phuket 2017.5 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。