tmr

tmr

黄金色で目がチカチカしてきたところでメインの本堂へ。



本堂へと続く道。
ワットプラケオ2-1
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

写真右手がエメラルド仏が祭られているの建物。
立派な柱が連なって以下にもメインという感じの場所。



ここが本堂入口の前。
ワットプラケオ2-4
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

とにかく人が多かった!
ゆっくり見れるという感じではなく流れ作業的な感じだったのが残念。。。



当然のことながら本堂は撮影禁止。
ワットプラケオ2-3
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

写真撮影の他にも、、、
動画撮影禁止! 静かにしろ!! ブッダに足を向けるな!!!と禁止事項多し。
ちなみに本堂は土足厳禁なのでご注意を。 

靴を履いたまま上がり込んでブッダに足を向けた日にはどうなることか・・・



期待を裏切らず小さかったエメラルド仏。
ワットプラケオ2-2
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

入口の外から望遠最大で撮った写真をトリミング。

ガイドブックやネットの情報で小さいということは目にしていたけど、
実際に見てみると本当に小さかった!
幅48cm、高さ66cm、間近で見れればそれなりに大きく感じるかもしれないけど、
見学ポイントからちょっと離れた場所に祭られているので余計に小さく感じます。

でも仏像の周辺が明るく照らされ、エメラルド色に輝く像は何だか特別なものを感じましたよ。
ちなみにエメラルドと言われていますが、実際にはひすいで出来ているそうです。



蓮の花で聖水を体にかけるタイ人。
ワットプラケオ2-5
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ワットプラケオ2-6
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

こういうところに来ると、本当にタイ人は信仰心が厚いと感心します。
本堂の中ではタイ人が床に座って一生懸命お祈りをしています。
その後ろを観光客が流れに沿ってエメラルド仏を見るという不思議な光景。

観光客の中には床に座ってお祈りをしている人もいたので我々も見よう見まねでお祈りをし、
本堂を後にしました。


つづく


tomo

ぽちっと応援お願いします(^o^)丿
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply