tmr

tmr

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

tmr

tmr

炎天下の中を歩いて到着したワットプラケーオ。

バンコク観光スポットの目玉の1つでもあるワットプラケーオ。
タイ語でワットは"寺院"、プラケオは"エメラルド"の意味。

ここワットプラケーオはタイの王様(ラーマ1世~5世まで)が暮らす王宮で、
国家の行事もここで行われていた施設。
今は王様も住んでないし日頃から国家行事は行われてないそうですが、
特別な儀式や祭典は今でも行われているとのこと。

見どころは本尊に安置されているエメラルドの美しい仏像。
あとは金色に光る建物かな。

ちなみに、ワットプラケーオにはBTSや地下鉄の最寄り駅というものがなく、
タクシーやトゥクトゥクを利用するか徒歩で行くしかありません。
唯一あるとすれば水上バスのターチャン駅(Tha Chang Pier)。
徒歩5分くらいの船着き場なのでこれなら最寄駅と言えるでしょう。


***************************************


で、目の前にどーんと広がるワットプラケーオに圧倒されながら入口を探します。
事前にな~んにも下調べしてないのでとりあえず人の流れにのって見つけた入口。
ワットプラケオ1
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

警備員が一人立ってたけどmamiと娘はそのままスルー。
そして私の番でダメだ!あっちへ行け!!とのジェスチャー。
mamiと娘は私に気付かずにずんずん奥へと歩いて行こうとするので「お~い!」と叫ぶ。
危うくこの広いバンコクで家族離散するところでした^_^;

どうもここはタイ人専用の入口みたいで我が家と同じように追い返される外国人が何人も^_^;
でも、なんでmamiと娘はスルーしたのかな。。。謎



気を取り直して外国人専用の入口を探しましょう!
ワットプラケオ2
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

外国人専用の入口はNa Phara Lan通りをチャオプラヤ川方向に歩くと見えてきます。
入口を通り過ぎてつきあたりまで行くと水上バスのターチャン駅(Tha Chang Pier)。
対岸にあるワットアルンに渡れる船着き場もここにありますよ。



ここが外国人専用の入口(中から撮影)。
ワットプラケオ3
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

写真の真ん中左あたりに居るおじさんが、拡声器を片手に入場者の服装をチェック。
"お前はダメだ!""お前がギリセーフ!!"という感じでバッタバッタと入場者を選別していきます。
↑表現はちょっとおおげさですが

ちなみにおじさんチェックが入ってしまう服装はこのような感じ↓↓↓
※短パン、ミニスカート、タンクトップ、キャミソール、足元もビーサンやミュール、サンダル

写真左の建物でサロンなどを貸してくれるようですがすごく人が並んでます。
なので行かれる方は最初からキチンとした服装にするかサロン持参がいいと思います。



無事、おじさんチェックを抜けると。。。
ワットプラケオ4
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ワットプラケオ5
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

黄金の仏塔や細かい造りの塔堂などが見えてきました。
遠目で見てもその大きさや造りの細かさがよ~く分かります。



そのまままっすぐ進むとチケット売り場。
ワットプラケオ6
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

みんな肌を露出させないような格好をしているので暑そう。
出来ることならビーサンにタンクトップと半ズボンでゆっくり来たいところですが^_^;



チケット売り場。
ワットプラケオ7
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ワットプラケオ8
※Nikon D700+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

機械式ではなく窓口で購入する形式。
事前に調べていた金額だと一人300バーツ(約800円)のはずだったけど、
看板を見ると表示金額が上から貼りかえられ400バーツ(約1000円)に値上がりしてました。

タイの物価から考えると少々お高いですが、
このお金でこの立派な寺院が維持管理されていくと考えれば仕方がないですね。


無事チケットをゲットしいよいよ中へ入ります!


tomo

ぽちっと応援お願いします(^o^)丿
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。