tmr

tmr


メキシコ☆カンクン セノーテ泉へ

今回こちらの現地ツアー利用。
(抜粋)
日本のテレビ番組で数多く紹介されているグランセノーテは、セノーテの中でも透明度が素晴らしいセノーテです。 シュノーケルをしながら見える景色は、水面に差し込む光がまるで自分を包み込むように光のカーテンを見ることができます。
トンネルの奥に進んでいくと、日が陰ったその先には白い砂と澄んだ水の先に燦々と降り注ぐジャングルが見えて幻想的な空間を作り出しています。
グランセノーテは透明度もさることながら光が差し込む幻想的な雰囲気が魅力なのですが、実はこの光の差し込む現象は午前中しか見ることが出来ないんです。  太陽が高く昇ってしまうと、崖の上部に日差しが遮られ、水面に光が差し込まなくなってしまうのです。
セノーテツアー単体で午前中の早い時間に行かれた方が数倍も価値のある状態で見ることができるのです。


抜粋のとおり、まずは早朝から「グランセノーテ」へ。

146.jpg

154.jpg

150.jpg

セノーテらしきものが見つからず、早朝のせいか?人がほとんど居ません。

どんどん下へ下って行くと、ようやく洞窟が見えてきた。
そこには泉~セノーテ~が!

152.jpg

153.jpg

まるでそこは鍾乳洞。
まだまだ朝早くて、太陽がが差し込んでいないので、ただの池にみえるけど、
水面に顔を近づけると、下まではっきり透けて見える。

この水は地下水なので、とても澄んでいて、冷たくて気持ちぃい☆
水底は、石灰石。白ーい砂浜のよう。
この澄んだ水と石灰石の白、そして太陽が何とも言えない青を生み出すらしい。
人が少ない時間ってのもポイント。
人が増えると、水底の石灰石が濁ってしまってせっかくの青が見えない。

この好条件が全てそろったら、最高の青が見れる。

準備万端であとは太陽を待つだけに。。

mami
応援のクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply