tmr的生活

travel/photo/foodie/cook

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セドナでヒーリング体験



アリゾナのセドナはスピリチュアルな場所だけあって、
観光客は多いけど、静かで何も無いところだった。
きっと大自然を体感しながら、自分を見つめ直したり、
何かを感じたりする所なんだと思う。


超高級SPA付きホテルもあれば、安いB&Bもあって、
自分の旅の目的で滞在先を選ぶといいと思う。
夜はどこも早くクローズするし、激旨グルメも無い。
やっぱり私はベガスのような華やかでギラギラした方が好きかな。


せっかくセドナまできたので、ヒーリング体験してみることに。


流れはこんな感じ、、、。


滞在先のオーナーさんおすすめのヒーラーさんを紹介してもらい、
滞在先まで来てもらうことにしました。
30分5,000円~
日本語通訳付きだと7,000円~
ヒーラーとは、心身の癒しを促す働きかけを行う人の意味で、
私の最初のイメージは「占い師」


60才くらいの女性ヒーラーさん。ヒラリークリントンみたいな上品な方。
私は通訳ナシで1対1でお話することに。


ヒーリングスタート、、、、。


私の悩みや強みなどをヒーラーさんに話して、
彼女がそれについて助言する。
こーしろ、あーしろではなく、こうなるからきっと大丈夫的な助言。
終盤はタロットカードを出し、私の人格や仕事、家族、昔の恋人のことまで、
ずばり当ててきて、かなりビビった。その超能力的な要素は控えめで、
これから私はどうしたら心穏やかに幸せになれるかを助言してくれた。
最初に私がいろいろしゃべらされたので、私のキャラを把握しての的確な
予言をくれた気がする。
偶然だろうけど、タロットカードも私にぴったりな
「陽」のものばかりだった。(実はそうでもないけどw)

最後のヒーラーの助言が深くて暖かくて、泣きそうになりました。

この手のセッションも占いも信じない私だけど、正直癒された。
心がすごく穏やかになれた。一度はやってみる価値ありかと。


心も癒され、日の出を見るために早寝早起きしたりして、
身体もいつのまにかすっかり癒されていた。


今まで見たことない絶景。
















Mami  
スポンサーサイト
  1. 2017/09/03(日) 10:31:29|
  2. ・Sedona Arizona USA 2016.10

セドナ★アリゾナ女2人旅 プチホテル



普段から山とか自然に全く興味の無い中年女子2人。
よくこんな山奥に来たもんだ。しかも運転までしてですよ。
道中、「何でこんな苦労までしてセドナへ行くんだ?」と軽く二人でブチ切れ(笑)


やっと到着しても、セドナの壮大な大自然を目の前にしても、
「着いたはいいが、また帰らないといけないのよね。同じ苦労がまただよ」


正直、完全に楽しめなかったのがホンネ。


しかし旅友みよちゃんが予約してくれたプチホテルが素敵すぎて、
なぜセドナ?の疑問を吹き飛ばしてくれました。
いわゆるB&B(Bed&Breakfast)のホテルで、山の中のペンションをイメージしてもらえたらと。


オーナーはアメリカ人のご主人と日本の奥様で、
滞在中も奥様とのおしゃべりが楽しかったな~。


奥様いわく、
「なぜセドナに来たかはわからなくて当然。セドナが人を引き寄せ、セドナで何かを感じ得た人が、
また自然とセドナに戻ってくる。ここはそんなパワースポットなの。」


「ふーmmm なるほど」


セドナ滞在中に
「ねぇねぇ、、、何か感じた?」
「何か引き寄せられてる?」
と、お互いで聞きあってみたり ←(単純?アホすぎる)


まぁーこんな私らが感じるはずもないですが、、、、(笑)


たまにはいつもの都会やビーチの喧騒を離れて、
こんな大自然の中でのんびり過ごすのもいいな~と。


そう思えたのもきっとこの素敵ホテルおかげかな~。


セドナベアロッジ Sedona Bear Lodge


















まだまだセドナ続きます。





まみ
  1. 2017/03/25(土) 10:45:37|
  2. ・Sedona Arizona USA 2016.10

アリゾナ★セドナ 女2人旅

ラスベガスからルート66を運転しながら、アリゾナ州へ
今回旅の目的でもあった、「セドナ」に到着しました。
セドナと言えば、聖地、スピリチャル、ネイティブインディアン、、、で有名ですよね。
パワースポットとして、特に日本人女子やモデル有名人たちが、こぞって目指す場所。
雑誌や旅番組でも特集が組まれるほど、有名なエリアです。
まさか、私らがここに来るとは、、、(笑)
一番似合わないところに来ちゃったような、、、はは。
セドナに来たら世界観が変わる。運命ほど変えてしまう力があるらしく、
世界中から旅人を引き寄せるナニかがあるらしいです。
赤土ばかりの岩山に乾いて澄んだ空気。
日本では味わえない雰囲気でした。
しばらくここに滞在して、浄化されることにしてみました。



まみ
  1. 2017/03/19(日) 10:27:03|
  2. ・Sedona Arizona USA 2016.10

ラスベガスからアリゾナへ


ラスベガスで借りたレンタカーで、アリゾナまでのロードトリップの始まりです。
500km以上の道のり、女2人で横断です。

最初はビビってた、旅友みよちゃんもラスベガスの高速道路でようやく運転に参加。
私のノロノロ亀運転を見かねてだと思うけど、
アメリカでの初運転が高速道路だなんて、かなりロックでしょ(笑)

片側車線は6?8?本と多くて、合流も多ければ、鬼のように飛ばしている人ばっかだし、
死ぬかと思った。

アメリカは道も広いし、まっすぐ道だし、、大丈夫なのでは?
そうでもなかったよ。
くねくね山道も永遠に続く1本道もあったし、
ただ、アメリカの広大な大地を肌で感じることができた。

湿気なの無いカラッとした空気、ネィティブインディアンが出てきそうな赤褐色の山々。
緑なんてなくて、乾いた景色を嫌になるほど見て、ひたすら運転して、
こんな冒険したのは初めてかも。自分たちの旅がまた成長したように思えたのは確か。













有名なルート66を通るために遠回りしてみたり、

しかし、、、一体いつ目的につくのだろう?


とにかく遠かった。



まみ


  1. 2017/03/04(土) 16:36:48|
  2. ・Sedona Arizona USA 2016.10

プロフィール

tmr

Author:tmr
travel/photo/foodie/cook

最新記事

カテゴリ

・HongKong 2002.12 (1)
・Bali 2003.12 (1)
・Phuket 2004.7 (4)
・Shanghai 2004.12 (1)
・Langkawi 2005.8 (3)
・Austria 2006.2 (4)
・Langkawi 2006.8 (2)
・Samui 2007.5 (4)
・Phuket 2007.12 (0)
・Taiwan 2008.3 (4)
・Bali 2008.7 (15)
・Bali 2009.2 (23)
・Bali 2009.8 (88)
・Phuket 2009.12 (30)
・Bali 2010.5 (47)
・Singapore 2010.5 (3)
・Phuket 2010.8 (36)
・Phuket 2011.2 (53)
・Bali 2011.8 (68)
・Bangkok 2011.12 (40)
・MEXICO 2012.1 (53)
・NEW YORK 2012.8 (53)
・Kuala Lumpur 2012.11 (19)
・Langkawi 2012.11 (6)
・Lipe@THAI 2012.11 (4)
・Bangkok 2013.8 (7)
・Bangkok&Phuket 2014.1 (2)
・Barcelona&Amsterdam 2014.10 (14)
・Bangkok&ChiangMai 2015.8 (25)
・San Francisco USA 2016.10 (3)
・Las Vegas USA 2016.10 (4)
・Sedona Arizona USA 2016.10 (4)
・Shanghai 2017.2 (4)
・Travel (67)
・Camera (36)
・Girl (68)
・Food (339)
・Dairly (147)
・Hang out (76)
・Living by himself (31)
・Hello (1)
・Phuket 2017.5 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。